必見‼️サウナダイエット‼️もっと効果を上げるために‼️

20200216195642e55.jpeg

塩サウナでさらにダイエット効果UP!

「塩サウナってどんな意味があるの?」と思う方が多いですが、実はダイエットにとても効果的!
塩を体に付けると、皮膚の毛穴を広げて体内の毒素が外に通りやすくなります。
塩サウナは温度が低く設定されていることが多く、普通のサウナと比べると長時間入り続けやすいのが特徴的。
しっかり塩を溶かすことで、発汗とともに不要な老廃物を垂れ流すことができます。
お近くの温泉施設に塩サウナがある場合は、ぜひ利用してみてくださいね。

202002161956456e7.jpeg

サウナの中でマッサージを行うとデトックス効果が高まる

サウナに入りながらマッサージを行うと、血行を促進しながらむくみや凝りを改善することができます。
さらに、老廃物を流すデトックス効果がより高まり、痩せやすい体質を作ることが可能です。
脂肪を燃焼しやすい体作りを目指すなら、併せてマッサージを行ってみましょう。

202002161956446e8.jpeg

サウナの中で筋トレはNG

よくサウナで筋トレをする人を見かけますが、とても危険な行員なので絶対にやめましょう。
過剰な発汗が行われるだけでなく、血圧が一気に低下していまい、最悪の場合倒れる危険があります。
サウナで汗をかきながら筋トレを行うと時間を効果的に使えると思われがちですが、大して効果はないのでご注意を。

20200216170214c10.jpeg

サウナダイエットで体を癒やしながら「痩せやすい体質」を作ろう

サウナダイエットの効果から入り方などお伝えしました。
普段から温泉に入りに行っている方も、たまに温泉に行くという方も、サウナを利用すれば痩せやすい体質を作ることができます。
頻繁に行かなくてもカロリー消費の効果や肩こり・むくみなどの解消もできるので、サウナの正しい入り方を学んで安全にサウナダイエットに臨んでみてくださいね。


今日は、私が温泉に行き、書こうと思ったブログを
書きました‼️

いかかでしたか?

是非温泉に行った時に実践してみてください‼️

最後まで見てくれてありがとうございました‼️

それでは(つㅁ•,,))゚゚゚おやすみなさい✩*.゚
スポンサーサイト



サウナダイエット‼️効果的な入り方‼️

20200216170214c10.jpeg

サウナダイエットは気持ち良いだけでなくダイエットにも効果があり、痩せる体質作りに効果的な方法です。
トレーニングや筋トレを行うのはもちろんですが、同時にサウナダイエットに取り組むとより効果的にシェイプアップすることが可能です。
サウナダイエットの効果を確認した後は、ダイエットに効果的なサウナの入り方を解説します。
適切、安全な入り方で無理なく痩せましょう‼️

202002161702085b4.png

① サウナに入る前に体を洗ってお風呂に浸かる

サウナの前に体を洗ってお風呂に浸かる」と温泉のルールかのように思えますが、実はこの手順もダイエットに効果的なのです。
一般的に毛穴に汚れが詰まっていると、汗が通りにくく発汗の邪魔になってしまいます。
またお風呂に浸かるのも重要です。体を温めた状態で入ることは、血行が促進された状態で入るのと同じこと。
サウナでの代謝UP効果をさらに引き立ててくれます。

20200216170209f18.jpeg

② サウナの適切な時間と回数

体を洗ってお風呂に浸かった後は、実際にサウナに入ります。
高温のサウナでは5~10分、低音のサウナでは5~15分を目安に入ります。
その後は汗が引くまで椅子に座ったり、外の風にあたって涼みましょう。
しっかり休んだら再度サウナに入ります。
このサウナに入って休むを3~5回繰り返すと代謝をより向上させたり老廃物を綺麗に流したりしてダイエットの効果を格段に上げることができます。
※長時間入れば効果的ということではなく、ポイントはしっかり汗を流すこと。体調が優れない場合は、時間と回数を減らしましょう。

20200216170212ade.jpeg

③ サウナから出たら、毎回水を飲む

【②】で解説した通り、サウナから出たら一旦休憩して再度サウナに入ります。
サウナから出たタイミングで毎回水を飲むようにしましょう。
一般的にサウナを設置している温泉施設には飲料水を飲める場所がありますので、しっかり水分補給することが重要です。
これは脱水症状を抑えるだけでなく、水分を補給することで汗をかきやすくするためです。
不要な老廃物を流して、痩せやすい体を作るためにも必ず守ってくださいね。

20200216170210e00.jpeg

④ 最後に水風呂に入って体を冷やす

サウナ&休憩を繰り返した後は、最後に水風呂に入ります。
サウナに入って温めて、水風呂でしっかり冷やすことで血管の広がりから血行が促進しされ、代謝を上げることができます。
なるべく首や肩まで浸かるのが効果的です。最後の仕上げとして水風呂に入るようにしましょう。
※心臓が弱い方や水風呂が苦手な方は、シャワーをぬるま湯にして冷やしましょう

これが、効果的な入り方です‼️

是非試して見てください‼️

次はある工夫をすると.........。
効果大‼️
的な記事書きます‼️

サウナにプラスして‼️
健康管理、食事もしっかりしましょう‼️

健康的に痩せて、リバウンドしないダイエット
でオススメのダイエットを下に貼ります‼️

L👀K !!してくださいね‼️

WEBダイエット


最後まで見てくれてありがとうᵗʱᵃᵑᵏᵧₒᵤও‪⸜(*ˊᵕˋ*)⸝‬

必見‼️サウナダイエットの効果‼️

20200216160537242.jpeg

① 運動では得られない”乳酸の排出”

「サウナでダイエットするなら運動の方が効果的」と思われますが、サウナにはサウナ特有のダイエット効果があります。それが「乳酸の排出」です。
運動を行うと体内に疲労物質である乳酸が溜まり、この乳酸が溜まった状態だと脂肪が燃焼されにくくなります。
しかしサウナは汗と一緒に乳酸を流してくれる効果があります。

20200216160538e33.jpeg

② 代謝を上げて痩せやすい体質になる

代謝が悪い原因の一つが”血流”です。
この血流は体を温めることで改善され、代謝の高い体になります。
サウナではもちろん体を温める効果があるので、血行を促進させる効能があり、代謝を上げることができます。
結果的に脂肪を燃焼しやすくなり、痩せやすい体質を作ることが可能というわけです。
内臓脂肪の燃焼や、顔やせ効果もあるため、小顔を作りたい方にもぴったり!



サウナの消費カロリー

サウナは1時間で約150kcalを消費します。
ウォーキングが1時間あたり200kcal、ランニングが1時間で約500kcalほどです。
サウナだけでダイエットを成功させるには、少し時間がかかってしまいますが、くつろいでいるだけでウォーキングの約4分の3のカロリーを消費するのはとても大きな効果と言えますね。

202002161605403c6.jpeg

③ 自律神経を整えて睡眠の質を高める

自律神経の乱れは睡眠不足へ繋がります。
睡眠不足は生活習慣病の一種と言われるほど、肥満体質である人に多く見られる特徴です。
高温のサウナに入って水風呂で体を冷やすと、自律神経が刺激されて睡眠の質を高めてくれます。
「温泉でサウナに入った後が眠い」というのは、体を温めて自律神経が刺激されているから。
睡眠の質を高めると、寝ている間の成長ホルモンの分泌が活性化されて痩せやすい体質になります。
このように睡眠不足を解消するだけでなく、間接的にもダイエットに大きな影響をもたらすのでサウナダイエットはとても効果的な方法と言えるでしょう。

20200216160541fe9.jpeg
ダイエットに効果的なサウナのベストな頻度とは?

サウナダイエット成功者の口コミを見ると「サウナを週に2回通っている」や「毎日サウナに入っている」など人によってバラバラ。しかし毎日入る必要はありません。
目安は週に1~3回程度。代謝を上げたりむくみの解消などを目的とするなら、週1~3回サウナに入るようにしましょう。
※週1~3回はあくまでも目安です。体調が優れない場合は減らすようにしましょう。

今日温泉に行き、サウナのこと書いてない
と思い、書きました‼️

次の記事は効果的なサウナの入り方について
書きます‼️

これは、ラグビーやってた時にトレーナーから
聞いた方法です‼️

お楽しみに‼️

最後までみて頂きありがとうございました‼️

背中痩せ効果‼️ストレッチ‼️第2弾

20200215182236c3b.jpeg
★背中を合わせた上半身全体のストレッチ★

背中を含め、上半身全体を満遍なく伸ばせるストレッチは、広背筋だけでなく、大胸筋や肩関節にも効果が期待できます。
「背中のストレッチをしたいけど、細々としたストレッチをいくつもやる時間がない。」
などの場合は、上半身全体を刺激できるこのストレッチを行ってみましょう。動きも簡単で、椅子に座った状態でいつでも手軽にできるので、デスクワーク中の気分転換にもおすすめですよ。

ストレッチの正しいやり方

1. 椅子に浅く座ります
2. (1)の時、両足を肩幅ほど広げましょう
3. 右手を左足の向こう側に置きます
4. (3)の時、軽く肩を出して、背中を丸めましょう
5. 10秒間キープ
6. その後、体を挟んで逆方向に手を伸ばす
7. 肩甲骨と大胸筋がストレッチしているのを感じながら、再度10秒キープ
8. ゆっくりと戻し、左手も同様に取り組む
9. 終了


トレーニングは、左右20秒ずつ行いましょう。丁寧に行うと、身体が温まってくるのを感じる事が出来ますよ。

ストレッチのコツ

* 呼吸を安定させた状態で行う
* 痛みの出ない範囲で手を伸ばす
* 手を前に出す時は、肩から出すイメージで行う
* 逆方向に振る時は、ゆっくりと動か
* 体は出来るだけ前に向けた状態をキープする


このトレーニングの効果を充分引き出すためには、身体を出来るだけ前方向に向けた状態で行うようにしましょう。
特に、手を後ろに伸ばした時、ついつい上半身も横を向いてしまいがち。
背中が痩せる効果を得るためにも、筋肉がしっかりと伸びるように、出来るだけ身体を捻らないように注意しましょう。
どうしても身体を捻ってしまう場合は、このトレーニングになれるまで、鏡の前で何度か練習してみるのもおすすめですよ。
202002151822374e7.jpeg

★仕事中もOKな“ながら”肩甲骨ストレッチ★

背中痩せにはストレッチが効果的だと分かっていても、仕事が忙しいとストレッチのためだけに時間を作るのもついつい面倒になってしまいますよね。でも、大丈夫。
仕事中でも手軽にできる「ながらストレッチ」なら、仕事が忙しくても気軽にいつでもどこでもストレッチできますよ。
ストレッチは、背中痩せだけでなく、仕事中の気分転換にも効果が期待できるので、仕事の効率アップ効果も期待できちゃいます。

ストレッチの正しいやり方

1. 背筋をしっかりと伸ばす
2. (1)の時、立っていても座っていてもOK
3. 右手を痛みの出ないギリギリまで後ろに下げる
4. 次に痛みの出ない範囲で上に上げる
5. 限界の位置を確かめたら、そこで止めて手のひらを左右に10回ひねる
6. ゆっくりと元に戻し、左手も同様に取り組む
7. 終了


肩甲骨周辺をほぐしてくれる、このストレッチの目安は右回しと左回しをそれぞれ10回ずつになります。動作もとっても簡単なので、いつでも出来ますね。

ストレッチのコツ

* 呼吸を安定させた状態で取り組む
* ながらストレッチでも正しいフォームを意識する
* 痛みの出る範囲まで腕をまわさない
* 背中はまっすぐ伸ばす
* 逆の腕は後ろに持っていかない


手を後ろに伸ばして行う簡単ストレッチなので、電話中などでも手軽に行えますが、大切なのは正しいフォームをしっかりと意識しながらストレッチすること。
後ろに手を伸ばした時に、肩甲骨周辺の筋肉がしっかりと伸びている事を意識しながらストレッチしないと、せっかくの効果も期待できません。
簡単な動作であるからこそ、正しいフォームをより強く意識する事が、背中の贅肉落としにも繋がっていきます。

20200215182239e39.jpeg

★肩甲骨周りを伸ばせるストレッチ★

肩甲骨周辺をピンポイントでほぐせるストレッチは、手軽に行えるだけでなく身体もすぐに温まるストレッチです。
あぐらがかける場所があれば、どこでもすぐに出来るストレッチなので、仕事や家事の合間に手軽にできるので、とってもおすすめですよ。
肩甲骨をほぐすと背中が痩せるだけでなく、肩こりの改善も期待できちゃいますよ。

ストレッチの正しいやり方

1. 足を肩幅分ほど広げる
2. 両手を両肩の平行線上まで上げる
3. その状態から両手をまっすぐ前に出しながら、背中を少し丸めていく
4. (3)の時、肩から手を伸ばすイメージで動かしていきましょう
5. 痛みの出ない範囲まで伸ばしたら、10秒キープ
6. ゆっくりと体を起こし、両手を後ろに回して手を繋いで肩甲骨を寄せる
7. 元に戻し、再度取り組む
8. 終了


このストレッチの目安は、前後それぞれ10秒ずつ×2回。肩甲骨の動きをしっかりと意識しながら行いましょう。

ストレッチのコツ

* 呼吸を安定させた状態で取り組む
* 痛みの出ない範囲で手を伸ばす
* 背中は丸めすぎず、軽くストレッチさせるように曲げる
* 背中はまっすぐ伸ばす
* 肩甲骨を寄せる時に顔は斜め上を見るように


このストレッチのポイントは、背中全体を軽くストレッチさせるイメージで丸めること。
猫背にするのではなく、両手を伸ばす時に背中全体を軽く丸めるイメージで行うと、肩甲骨をより大きく外に広げる事ができます。
この意識が、肩甲骨周辺をよりほぐし、背中の贅肉落としにも繋がっていきますよ。

自分ではなかなか確認できませんが、
背中にも脂肪はつきやすいので
ストレッチで、背中痩せ‼️

私がオススメする
ダイエットは
コチラ

WEBダイエット

是非見てください‼️

今日も最後までL👀K !!して頂きありがとうございました‼️

背中痩せ‼️効果的なストレッチ‼️

20200215182231ff9.jpeg
★背中&首回りのストレッチメニュー★

まずは、背中と首回りのストレッチから細かくみていきましょう。
このストレッチは、僧帽筋上部に効果が期待できるストレッチです。
僧帽筋は、上部、中部、下部と3つの部位に分けられ、それぞれの役割が違うのが特徴。
僧帽筋上部は、その中でも肩甲骨を後ろに下げたり上げたりする動きを行っています。
そして、僧帽筋上部を適切なストレッチでほぐす事で、首の筋肉を無理なく伸ばす事ができますよ。

ストレッチの正しいやり方

1. 椅子に浅く座る
2. (1)の時、背中をまっすぐ伸ばしましょう
3. 右手を腰の後ろに回し、椅子の縁を掴む
4. 左手を頭のてっぺんを通し、右耳に固定する
5. ゆっくりと左斜め前に倒していく
6. 僧帽筋上部の刺激を感じながら20秒キープする
7. ゆっくりと元に戻し、逆側も同様に行う
8. 終了


このストレッチを行う時の目安は左右20秒ずつ。
筋肉が刺激されている事を感じながら、ゆっくりと行うのがポイントですよ。

ストレッチのコツ

* 呼吸は止めずに安定させる
* 後ろ側に回している手の肩は上げない
* 痛みが出るまで頭を倒さない
* 20秒間リラックスしながら行う
* 背中は丸めない


このストレッチを行う時に、一番気をつけてほしいのが、背中を丸めないこと
そして、背中を伸ばしてリラックスした状態で行なうこと。
背中が丸まってしまうと、せっかくのストレッチも背中痩せの効果が期待できません。
無理が無い程度に背筋を伸ばして行うだけで、首周りと背中の筋肉をほぐし、背中が痩せる効果も期待できますよ。

20200215182233647.jpeg

★肩甲骨周りのストレッチ★

普段、肩甲骨を後ろ側に下げる動きを行っている僧帽筋中部には、肩甲骨周りのストレッチが効果的。
また、このストレッチは、僧帽筋中部だけでなく、太ももの後ろ側にあるハムストリングや大臀筋などにも効果が期待できるストレッチです。
背中だけでなく、お尻や太もももすっきり痩せる効果が期待できますよ。
立ったままでいつでも気軽にできるストレッチなので、家事の合間や仕事の合間などでもすぐに出来るのが魅力的なポイントです。

ストレッチの正しいやり方

1. 足を肩幅よりも少し広めに開く
2. (1)の時、足先はまっすぐ前に向けましょう
3. 両手を後ろに回し、手をつなぐ
4. 肘を伸ばし、肩甲骨を閉じます
5. その状態のまま、腰からゆっくりと前に倒す
6. (5)の時、頭は落としましょう
7. 限界まで倒した位置で20秒キープする
8. ゆっくりと元に戻し、再度取り組む
9. 終了


このストレッチは、20秒ずつ2回を目安に行いましょう。
上体を前に倒した時に、太もも裏から肩甲骨にかけての筋肉が、しっかりと伸びているのを意識しながら行うのがポイントです。

ストレッチのコツ

* 呼吸を安定させた状態で取り組む
* 痛みの出ない場所まで体を下げる
* 背中は丸めずに、腰から折る
* 慣れてきたら、体を下げた位置で両手を左右に振る
* 体は急に起こさない


ストレッチを行っている間は、必ず背中は真っすぐ伸ばしたままにする事。
特に上体を前に倒す時に、うっかり背中を丸めてしまいがちですが、背中はまっすぐ伸ばしたまま、腰から前に折るイメージで倒しましょう。
背中が丸くなったままでは、僧帽筋中部もしっかりと伸ばせないので、せっかくストレッチを行っても背中が綺麗に痩せる効果は期待できませんよ。

2020021518223496d.jpeg

★座ってできる背中下部のストレッチ★

背中の下側にある広背筋に効果が期待できるストレッチは、座ったままで出来るので、デスクワーク中の気分転換にもおすすめのストレッチ。
広背筋は、腕を内側に寄せたり、肩や身体よりも下に下げたりする時などに使われている筋肉です。日頃から使われる事の多い筋肉なので、適切なストレッチでしっかりとほぐしてあげましょう。

ストレッチの正しいやり方

1. ストレッチマットやベッドなど柔らかいアイテムの上にあぐらをかいて座る
2. (1)の時、お尻から頭まで伸ばしましょう
3. 右手を上げ、左手で右手の手首を掴む
4. (3)の時、左手は自分側に手の甲があるようにしましょう
5. その後、ゆっくりと左前に倒す
6. 倒した状態を20秒間キープする
7. 元に戻し、右側も同様に取り組む
8. 終了


とっても簡単なこのストレッチの目安は、左右20秒ずつ。
上げた手を倒している時に、それぞれの脇腹がしっかりと伸びて刺激されている事を意識しながら行うのがポイントですよ。

ストレッチのコツ

* 呼吸は止めずに安定させる
* 20秒間広背筋をしっかりと伸ばす
* 真横ではなく、斜め前に倒す
* お尻を上げない


左右それぞれに倒している時、もっとしっかり脇腹を伸ばそうと力が入り過ぎて、ついうっかりお尻を上げてしまいがちです。しかし、お尻が上がってしまうと、広背筋をきちんと刺激する事が出来ません。
広背筋をほぐして伸ばすためにも、そして、背中が痩せる効果をしっかり出すためにも、必ずお尻は上げないように注意しましょう。

もう3つストレッチ‼️ありますが、長くなると
飽きてしまうので、もう3つは21時くらいに
更新しますね‼️

最後までありがとうございました‼️

プロフィール

bff7zzsnsx5v

Author:bff7zzsnsx5v
はじめまして、わがままボディーを、細マッチョに
なるために、ダイエットを中心にブログを書いていきます。

ダイエットに必要な情報もたくさん投稿していきます!

ぜひこんなダイエットしてますなどの、意見やアドバイスしてくれる方はお気軽にコメントしてくださいね!‪w

みなさんと理想の身体を手に入れるために頑張りたいと思います。

ダイエットの話だけだと、厳しいので、趣味の話なども、慣れてきたら入れていきますのでお楽しみください!

それではみなさん頑張りましょう!!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR